お知らせ

今こそICTを活用した授業の準備を‼

これからICTを推進していくために一人の一歩を応援します‼

本校は愛媛県の公立高校で初めて全校生徒に一人一台タブレット

を導入している高校です。非モデル校で独自にOne to Oneに

取り組んだノウハウを紹介します!!

全国で遠隔授業が注目されていますがそのほとんどが私立学校か附属学校で 
公立高校の多くは設備もアプリの準備もまだまだ不十分です。        
近年、全国的にICT環境の充実が行われており、学校に数台から数十台
のタブレットが導入されつつあります。しかし学校間の進捗状況はまちまちで
しかも学校にある端末も共用使用しか認められていないことが多くあります。
このような中、この臨時休業で多くの小中学校高校はプリントを配布したり
HPに課題を置いたり、学習動画を見るように促したりといろいろな方法で
学習を支援しています。今後授業が再開されても終息までに何度かは感染者拡大
の波がやってくることが予想されます。                  
ぜひこの機会にICTの活用について一緒に考えてみませんか?      
 

遠隔授業に関する保護者アンケート(2020.5.15実施)

  

 遠隔授業と紙媒体配布学習比べてどうでしたか?   お子様の遠隔授業に対する取組はどうでしたか?

 

    Zoomを活用した授業はどうでしたか?   一人一台タブレットの取組をどう思いますか? 

★保護者の方からいただいた御意見の一部★

・入学式には既に県立高校も休校になることを予測し、予定より早くタブレットを配布してくださり、迅速に遠隔授業を開始していただけたことを保護者として本当に感謝しています。 

・子供が新一年生のため学校や先生方、同じクラスの友達と初めての事ばかりで不安な時期でした。 紙媒体だと一方的な繋がりの感じがしますが、遠隔授業(zoom)により担当の先生方の声や映像の授業で横の繋がりが感じられて良かったと思います。

・入学時からタブレット学習を取り入れて頂いていたお陰で、今回戸惑うこともなく、先生方も子どもたちもとてもスムーズに遠隔授業を行う事が出来て、本当に恵まれているなと思いました。 また、きちんと時間割に沿って進めていただいたおかげで、生活習慣も乱れることなくとても良かったです。

・毎日の生活リズムを崩さないように生活が出来ることと、臨時休校の期間でも先生方や友達と一緒に勉強が進められるのは良かったと思います。

・子どもが朝自分で起きて、机に向かって勉強している姿を見ると安心できました。 保護者も安心して仕事に出ることができ、遠隔授業がありがたかったです。

・他校に通う兄弟がいますが、遠隔授業をする兄弟の姿を見てうらやましいと言っていました。 親としても、休校が長引く中、ズームを使った授業を受けている姿を見て安心します。 ありがとうございます。

・通信障害がなくスムーズに操作が出来るように改善してもらうとストレスなく遠隔授業に集中出来ると思います。

 遠隔授業に関するQ&A(全国からお寄せいただいた質問含)

Q 授業に必要なアプリは何ですか?
A 本校ではロイロノートスクール・Classi・Zoomを活用しています。単独で
  使用している先生もいますが。座学ではZoom+ロイロノート
スクールを
み合わせた授業が生徒には理解しやすいようです。G suiteやclassroom等
統合型の支援
ツールもありますが簡単にしかも全教職員がすぐに取り組める
のはこの
3つのアプリだと思います。Google Meet等の他のテレビ会議シス
テムアプリも使用して
現段階で安定度ではZoomが最適だと考えています        
Q 家庭学習端末は全生徒にありますか?
A  本校では3年前より学年進行でipadを導入しており、今年度3学年すべての
生徒
にipadが行き渡りました。遠隔授業ではこの端末を活用していますが
アプリ
をPCやスマートフォンにインストールし利用している生徒もいます。
多くの学校では端末やwifi環境が家庭にない生徒をどうするかが一番の問題
となる
と思います。ロイロノートはipad iphone windows android
すべてに対応
ているのでさまざまな端末で活用できます。
  また、学校に保管してある端末を一時
に端末のない生徒に貸し出している
学校やWifi環境がない家庭に対し、
一時的にポケットwifiをレンタルして
  いる学校もあるようです。
Q 生徒や先生への研修はどのように行っていますか?
A 2・3年生は平常授業でも活用しているので問題ありませんが、1年生につ
  ついては入学後すぐに臨時休校になりましたので配布時に1回研修を行い
  ました。その後は使用しながら分からないところは遠隔で聞くというような
  感じで開始しました。平素からスマートフォンを使っているのでほとんど質
はありませんでした。教員に対しては4月に3回の研修(初心者上級者別)
  を行い、質問のある先生には個別に対応しています。担当は教務課です。
Q 遠隔授業に必要な機材は何ですか?
A 先生は、タブレットかPC(ネット環境が必要)1台、スマホでも授業は可能
  です。生徒はスマホかタブレット(ネット環境が必要)です。教員によっ
  てはPCでZoomをタブレットでロイロノートスクールを利用して、授業中に
  生徒の表情や意見(チャット等)を見ながら進めています。
Q 各アプリを使用した場合、50分授業でどのくらいの容量を使用しますか?
A 生徒や先生のタブレットで計測した結果、ロイロノートでは数十メガ、
  Zoomでは300M程度が平均的な値です。配信する教材にも大きく変わります
  がZoomの場合、ビデオをOFFにすることでもっと少なくできます。ただ、
  Zoomはライセンス契約をしない場合は40分の時間制限と100人の人数制限
  があります。(教育関係登録により時間制限解除等あり)
Q 遠隔授業で問題点はありますか?
A Zoomの使用に関してはいろいろセキュリティ的な問題がありましたが現在
  はアップデート(ver5.0)され問題はほぼ解決されています。Classiにつ
  いても対策が取られ現在はセキュリティ的には問題ないと考えています。
  ただ、授業中にアプリが不安定(全国からアクセスが集中してサーバー
  に負荷がかかって動かなくなる)になることが多く、生徒とやり取りが
  できなくなることがたまにあります。Zoomは結構安定して動作します。
  また、資料配布においての著作権の問題やZoom使用時の顔出しの問題、
授業をスクリーンショットしてSNSに投稿する問題等が発生しました。
  これに対し、本校では出席確認と発表時にはできるだけ顔を出すこととし
  それ以外は自由としています。また、遠隔授業に関するルールを決めて
  生徒・保護者に連絡しています。
Q 授業の様子を見せていただくことはできますか?
A 5月12日(月)から学年別分散登校が可能となりましたので、各学年時間
  割に従って授業を行っています。登校できない学年は遠隔授業を行ってい
  ます。事前に教務課まで連絡してください。また、3月~4月に行った遠
  隔授業の様子は本校HPに掲載していますので御覧ください。
質問等がありましたら気軽に連絡してください。

校のICTを活用した取組

① 2017年androidタブレット82台を購入し、教科等での活用研修開始       

② 2018年度入学生より一人一台タブレット開始               

生徒用320台、教職員用80台 計400台のipad導入           

③ 2020年度全校生徒一人一台タブレット完成   全タブレット数1030台となる  

④ 2020年度、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時休校により遠隔授業開始

ロイロノート・Classi・Zoomを活用した遠隔授業を3月4日より開始   

本校のタブレット

端末:Ipad(MDMで一括管理 )                       

契約:3年間のレンタル契約(卒業時・進路変更時返却)          

アプリ:ロイロノートスクール・Classi・辞書アプリ(国語・英和・和英)  

   英単語アプリ・英語問題集・オンライン英会話用アプリ・Zoomなど

校内ICT環境

① 全ホームルーム教室・特別教室にホワイトボード設置(県事業)

② 全ホームルーム教室・特別教室にプロジェクタ据付け(県事業)

有線・無線でのプロジェクタとタブレット・PC接続可能    

③ 全ホームルーム教室・特別教室にWifi設置(県事業)             

タブレット活用に関するアンケート結果

① 通常授業でのタブレット活用率 91.2%(令和元年度 )     

    ② 家庭学習での活用率 68.3%(令和元年度)               

③ タブレット破損・故障率 10.3%(令和元年度)