ICT教育

★学校休業日における課題配信学習はこちら★

資料の配布・回収や授業の効率化、家庭学習への活用以外にシンキングツール

についても勉強しています。福岡の大研修会にアドバイザーとして参加し、

約200名の先生方とICTのより良い活用方法と授業改善について勉強しました!!


全国で行われている各種研修会にも参加し、校内研修や授業研修に生かしています!!

(写真はロイロノートシンキングツール大研修会in大阪に藤原先生がアドバイザーとして参加)

 

本校は愛媛県の公立高校で初めて

一人一台タブレットを導入している学校です!!

現在1・2年生640名と教職員約90名がタブレットを利用し授業や家庭学習等に活用しています。

2年目の目標として、よりICTを利用した分かる授業の実践とシンキングツール

(考える授業の実践)としての活用を充実させていきたいと考えています。

ICTは「学びの幅」と「教える幅」を広げる無限の可能性を秘めています!!

★参観希望の先生方(高校以外も可)やタブレット導入で

お困りの先生方はお気軽に本校教務課まで相談してください★

4月12日(金)①~④を利用して2学科ごとにClassiとロイロノートアプリのログイン

方法や情報モラル、利用規定についての学習を行いました。

一人一台タブレットPR動画はこちら


全国の工業高校の先生方もICTを活用した、

「分かる授業」「考える授業」の実践に挑戦しようとしています!!

3月13日(水)に鹿児島工業高校・15日(金)に三池工業高校の先生方が本校のICT教育を参観されました。


2月2日(土)に四国で初めての授業支援アプリ「ロイロノート」のユーザー会が

愛光学園で行われ本校の国語科戸田先生が模擬授業を行いました。

また、本校からも13名の先生が参観され全国のアクティブ・ラーニング等を

実践されている先生方の模擬授業を体験しました。全国から約150名の学校関係者

が参加しこれからのICT教育やシンキングツールとしての活用方法について勉強しました。