教   育   目   標

 
教育目標


 

本 校 の あ ら ま し

 
 本校が創立されて平成31年で110周年になります。これまでに全日制・定時制併せて 3万人以上もの有為な人材・卒業生を世に送り出し、四国はもちろん、全国的にも伝統ある工業高校としてその名を知られています。
 明治42年の開校当時は、家具科と造家科(現在の建築科)の2学科しかありませんでした。その後、次々と新しい学科が増設され、現在、全日制では8学科・生徒数 951名、定時制では2学科・生徒数35名を有する全国屈指の工業高校となりました。

 

 

こ れ か ら の 技 術 者

 今、社会が求めている望ましい技術者像というのは次のようなものです。
  1. 基礎的・基本的な知識・技術を身に付け、想像力や先見性を持ち、情報化時代に適応できる人
  2. 人間性豊かで、常に心身を鍛え、困難に打ち勝つ精神力・体力を持ち、21世紀に活躍できる人
  3. 優れた専門的な技術・技能を持ち、応用力を備え、各種資格を取得し、先端技術産業の時代に即応できる人 松山工業高校では、このような能力と資質を兼ね備えた工業技術者の育成を目指します。本校で学んでいる生徒は校訓「自律・創造・協和」を目標に、日々未来の技術者(スペシャリスト)としての研鑚に励んでいます。