生物基礎 実験「豚の腎臓の解剖」

11月17日(水) 2限 繊維科3年生の生物基礎の授業で豚の腎臓を解剖する実験をしました。

つかみで豚の心臓と肺を紹介し左心室の壁の筋肉が肥厚していることを

また、呼吸するときに肺が膨らむ様子をプレゼンしました。

その後、4人組の班に一つずつ配布した腎臓を解剖しました。

輸尿管、腎動脈、腎静脈の配置とその構造の違い、切断して皮質・髄質・腎盂の様子を観察、スケッチしました。

生徒は要領をよく理解し、てきぱきと作業を進め40分の短縮授業にも関わらずほぼ実験の目標を達成することができました。また、腎動脈から墨汁を注入し、糸球体に墨汁のコロイドが蓄積する様子も実体顕微鏡で確認することができました。